バイアグラとの違い

バイアグラとの違い

バイアグラは世界で最初に販売されたED治療薬で、レビトラは2番目に販売されました。同じED治療薬でも違いがあります。

有効成分

どちらもEDに対して効果がある点は同じですが、主成分が異なり、バイアグラはシルデナフィル、レビトラはバルデナフィルです。バルデナフィルは水に溶け易い性質がある為、即効性があります。

効果が出始める時間

レビトラの最大の特徴は、即効性です。平均して20分で効果が現れると言われていますが、これはバルデナフィルの影響です。バイアグラは約30分と言われています。

効果が出始める時間

食事やお酒の影響

バイアグラの特徴は食事やお酒の影響を受け易い点です。食後に服用してはあまり効果が得られないので、空腹時の服用が推奨されています。レビトラも全く影響を受けないわけではありませんが、あっさりした食事でしたら効果はあまり変わらないと言われています。

効果の持続時間

バイアグラは5時間から6時間と言われていますが、レビトラは10mgは5時間から6時間、20mgで10時間程度とされています。長い時間持続してほしい方はレビトラがお勧めですが、20mgは副作用が強く出てしまう方もいるので、最初は10mgからの服用がお勧めです。

効果の強さ

かなり個人差があるので、こればかりは服用してみるしかありません。レビトラは糖尿病の方でも効果が得られ易いという報告もあります。

副作用や注意点

バイアグラの方が副作用が強く感じる方が多いようですが、これも個人差があります。また、レビトラは併用禁忌薬が多いので、服用薬がある方は特に注意が必要です。レビトラはグレープフルーツやグレープフルーツジュースと一緒に服用すると、効果が強く出すぎてしまう事があります。できれば服用する前日くらいから控えるようにしましょう。

以上のように、様々な違いがあります。効果や副作用は個人差がある為、まずは両方試してみて、状況によって使いわけるのもお勧めです。両方とも病院に行かずに通販で、病院より安く購入出来るので、忙しい方や、人に知られるのが恥ずかしい方などはよく利用されているようです。