若者にも増えているEDの原因

若者にも増えているEDの原因

EDとは、男性機能に障害が起こる病気であり、ペニスの勃起を維持あるいは勃起を持続できないので満足に性交をすることができない事です。中高年の人に多い病気とされていましたが、最近では若者もEDになることが多く、そのほとんどの原因が心因的なことに関連があります。対人関係や日常生活や仕事によるストレス、またはうつ病や統合失調症によるもの、その治療のために服用している薬の影響などが挙げられます。

また若者特有のEDもあり、バーチャルEDがあります。アダルトビデオやアニメなど二次元と呼ばれる空間に浸って自慰行為をすることに慣れすぎてしまい、現実の女性を前にしてしまうと性的な興奮を得ることができなくなってしまい、EDの症状を起こすのがバーチャルEDと呼ばれるものです。他にも妻だけEDと呼ばれるものもあり、妻とするときはEDだけど、他の女性とするときちんと勃起するといった人もいます。

若者にも増えているEDの原因

また中高年の人の場合、生活習慣病の影響でEDの症状を起こしてしまっている人が増えてきています。現在、国内でEDに悩んでいる人は成人男性の4人に1人とも言われており、男性であれば誰でもなる可能性のある病気になりつつあります。満足に性交を行うことができないので、女性にも影響してしまい性的欲求を満たせずストレスになってしまったり、愛情を確かめる機会を失ってしまい、浮気をしてしまう人もいます。最近では性の不一致として離婚の原因にもなってしまっています。

クリニックや病院にいくことに抵抗がある男性が多く、きちんとした治療を受けていないことも現状です。そういった人のために通販で簡単に購入することができるED治療薬を紹介します。ED治療薬とは体内の血行を良くし、ペニスに血を集めやすくし、自然に近い勃起をできるように促進してくれる薬です。有名なものでバイアグラ、その次に誕生したレビトラは即効性が高いので、急な時でも使用できる薬です。男性にとっても女性にとっても性交は大切な行為なので、レビトラなどの薬を使って勃起不全を治療し、満足できる性交をしましょう。